医療と介護のトータル・ライフケア

医療法人田北会 田北病院

TOTAL LIFE CARE TAKITA HOSPITAL

0743-54-0112

田北病院は、来ただけでホッとできる、
地域のホームホスピタルです。
医療・介護・福祉について、お気軽にご相談ください。

アスレティックリハビリテーション お問い合わせ:0743-54-2233・rehabili@takitakai.or.jp スポーツ整形外科診察:毎水曜日PM4:00〜(整形外科診察時)・アスレティックリハビリテーション 月〜金・土(午前のみ)随時


アスレティックリハビリテーション(スポーツリハビリ)とは?

少年野球・バレーボールなどの少年スポーツクラブ、中・高・大学のクラブ活動時や一般の方々が楽しむレクリエーションスポーツなどにおいて、試合中のアクシデントによる外傷や慢性的な痛みを有する方々も多くおられると思います。一般のリハビリテーションが日常生活への復帰を目的としているのに対し、スポーツ選手・愛好者の方々にとってはスポーツへの復帰が目的であり、おのずとこれに合わせた理学療法の展開が必要になってきます。

アスレティックリハビリテーションは、社会復帰のレベルからさらに競技復帰レベルまでを考えて行っていくリハビリです。アイシングやストレッチなどのケア、筋力トレーニングやフォームチェックなどの動作指導、テーピングや装具チェックなど、再発予防も含めたトータルサポートを実施し、競技への早期復帰を目指します。

スポーツにケガや故障はつきものですが、ケガや故障をかかえた状態では満足なプレイはできません。「痛くても根性でガマンする」のではなく、まずはお気軽にご相談ください。

 

スポーツ時の外傷および“使いすぎ症候群”といわれる慢性的な痛みを有するスポーツ障害のある方。

○スポーツ障害
・野球肩
・野球肘
・テニス肘
・ゴルフ肘
・ジャンパー膝
・ランナー膝
・平泳ぎ膝
・腰、膝、足、その他使いすぎによる慢性時痛など
○スポーツ外傷
・突き指
・脱臼
・足の捻挫
・骨折
・靭帯損傷など

アスレティックリハビリテーション(スポーツリハビリ)の内容

田北病院ではスポーツドクター、整形外科医、理学療法士を中心としたスタッフにより、アスレティックリハビリテーションに取り組んでいます。競技種目により動作の特性が違うため、運動時に必要とされるスピードや持久力、巧緻性などを考慮し、より早期にそして安全に競技復帰を目指します。


アイシング処置
受傷後早期の段階からアイシング処置や指導、ストレッチングや各スポーツに合わせた筋力トレーニングなどを実施します。

 

テーピング

その後より実践的なトレーニングを実施します。ケガの原因は様々であるためビデオ撮影によるフォームチェックや競技種目を考慮した筋力トレーニング、動作トレーニング、テーピング指導を行っています。必要に応じて動作指導やフォーム改善、装具チェックなども実施します。

筋力トレーニング・外旋チューブの写真
投球動作指導の写真
投球動作指導の写真
筋力トレーニング・外旋チューブ 投球動作指導 病院屋上での投球動作チェック

また練習後アイシングやストレッチングなどの再発予防を含めたケア指導にも力を入れています。少年野球や中・高・大学のクラブ活動からレクリエーションスポーツレベルまで、トータルサポートを実施しています。


スポーツ動作チェック