医療と介護のトータル・ライフケア

医療法人田北会 田北病院

TOTAL LIFE CARE TAKITA HOSPITAL

0743-54-0112

田北病院は、来ただけでホッとできる、
地域のホームホスピタルです。
医療・介護・福祉について、お気軽にご相談ください。

新棟完成にあたり

平成27年4月より田北病院に勤務させていただいております。消化器内科を立ち上げはや半年がたちました。当初は右も左もわからないことばかりでしたが、院内の業務にようやく慣れることができ、また地域の医師会の先生方との交流会も8月に行い、盛況のうちに終了できました。

田北病院消化器内科は、日本消化器内視鏡学会認定の消化器内視鏡技師資格取得を積極的にスタッフに勧めており、充実した診療体制を整えております。消化管の癌の早期発見はもとより、上部消化管内視鏡では経鼻内視鏡を積極的に選択し、下部消化管内視鏡では希望時鎮静剤を使用しています。又、新しく高周波手術装置「VIO300D」にバージョンアップしました。

結果報告も迅速にできるよう努力してきたつもりですが、まだまだ努力不足な点、ご迷惑をおかけしてきた点もあると思います。早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術をはじめ、肝疾患でも末期肝不全に対して透析療法、血漿交換も何度か経験し、また内視鏡的逆行性胆管膵管造影からの総胆管結石採石術も実績を重ね、治療選択の幅を広げてきました。

この度、12月に新棟が完成を迎えました。3T(テスラ)のMRIによって撮影時間の短縮と今まで以上に詳細な微小病変の発見が行えることができ、しかも消化器内視鏡室のブースも拡張され、消化器疾患の診療がますます充実できるように、当院も改革しています。検査から結果説明に移る患者さまの動線を短くでき、総合的な見地からますます治療対象症例への移行もスムーズに行えると期待できます。

地域の先生方との連携を通して更なる地域医療の推進、サービス向上に努める所存ですので、さらに進化した田北病院にご期待いただきたく、引き続き益々のご支援賜りますようよろしくお願いします。

高周波手術装置 内視鏡センタースタッフ
新規導入された高周波手術装置【VIO300D】 内視鏡センタースタッフ

田北病院消化器内科 米田健太郎