医療と介護のトータル・ライフケア

医療法人田北会 田北病院

TOTAL LIFE CARE TAKITA HOSPITAL

0743-54-0112

田北病院は、来ただけでホッとできる、
地域のホームホスピタルです。
医療・介護・福祉について、お気軽にご相談ください。

田北病院では医療の質と安全・患者様サービスの向上を最重要課題として取り組み、平成11年、奈良県内の病院で初めて日本医療機能評価機構から認定を受けています。

田北病院は
奈良県内の病院で初めて
日本医療機能評価機構から
認定されました。


 
田北病院では平成11年8月に、財団法人日本医療機能評価機構より、地域が必要とする各領域の医療において基幹的・中心的な役割を担い、高次の医療に対応しうる病院として<一般病院 種別A>の認定をいただきました。奈良県では一番目の認定となります。また、平成16年8月に2回目、平成21年12月に3回目の更新を受けています。

これは医療機器や施設といったハード面だけではなく、地域医療に貢献するためのさまざまな工夫や改善の努力などのソフト面が評価されたものとして、職員一同大変うれしく思っております。この評価を励みとしながら、これからも「来ただけでホッとできる地域のホームホスピタル」を目指して、地域の皆様に質の高い医療と福祉サービスを提供しつづけてまいります。今後とも、よろしくお願い申し上げます。

病院の情報は外からはなかなか分からないのが実状です。患者さまや地域住民の方が、適切な医療を安心して受けることができるように、病院を始めとする医療機関を学術的観点から中立的な立場で評価する第三者機関として平成7年に財団法人 日本医療機能評価機構が設立されました。財団の出資者は日本医師会、日本看護協会、厚生労働省、健康保険組合連合会等々です。

日本医療機能評価機構から派遣された、医療の知識と経験を有する第三者が、多方面にわたって医療機関の評価を行います。

初めに「書面審査」が行われます。これは「病院機能の現況調査」と「自己評価調査」から構成されており、所定の調査表に記人して提出します。その分析結果を事前の参考資料として「訪問審査」が行われます。サーベイヤー(評価調査者)が来院して、院長を始め事務、医療、看護の各部門の面接を行い、次いで院内の訪間調査が行われます。サーベイヤーは各自の評価結果を照合し、報告書を評価機構に提出。その後、評価委員会の審査を経て承認に至ります。

田北病院への最新の評価結果は日本医療機能評価機構のホームページで公開されています。

日本医療機能評価機構のホームページ